エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。
第1章 書物に記憶された東京第2章 書物に記憶された東京第3章 東京の記憶 リンク集

都市・東京の記憶

池上本門寺の五重塔
池上本門寺の五重塔の画像

日蓮宗の大本山として上下の尊信厚き本門寺は、池上町にあります。池上右衛門太夫宗仲の創建したもので、日蓮上人は弘安五年十月十三日に、この地で入寂され、遺弟日朗がその後を継いだと伝えられています。この五重塔と山門だけは、当時のもので、他の堂塔は寛永七年の大火に焼失後、再建したものです。毎年十月十一、二、三日のお会式には非常な雑踏を極めます。

タイトル: 大東京三十五區
請求記号: ST/290.9/5321/1932

詳細(TOKYOアーカイブ外部リンク

タイトルから選ぶ タイトル一覧へ 前へ 画像一覧へ 次へ