ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

東京都図書館協会

このページは、東京都図書館協会(TLA)の情報を掲載するページです。

令和3年9月21日更新

東京都図書館協会事務局
(東京都立中央図書館 企画経営課内)
電話 03-3442-8451(代)

※現在、東京都図書館協会 研究助成募集中です(受付期間 令和3年9月24日(金)〜令和3年10月15日(金))。詳細は、下記「東京都図書館協会 研究助成について」をご覧ください。

東京都図書館協会 会則等

東京都図書館協会 総会及び講演会

令和3年度総会は終了いたしました。また、講演会は中止とさせていただきました

過去の総会及び講演会

<令和2年度>(書面開催・講演会中止)

<令和元年度>

<平成30年度>

東京都図書館協会 研究助成について

TLAは、当協会普通会員(個人会員)が代表者であり、会員を主たる構成員として行う共同研究グループに対し、研究費の助成を行います。  
※公益社団法人日本図書館協会の個人会員のうち東京地区会員は、東京都図書館協会の普通会員(個人会員)となります。
令和3年度は、以下のとおり実施いたします。

1.助成内容  東京都内において、特定テーマを持って研究活動を行う研究グループへの助成

2.助成金額  (1)随時的な研究グループ助成―10万円を限度とする  (2)継続的な研究グループ助成―5万円を限度とする

3.助成件数  若干数

4.申込方法  要項等をよくお読みのうえ、所定の申込書に必要事項を記入し、お申込みください
 東京都図書館協会会則及び研究助成規程等.pdf
 募集要項.pdf
 申込書.doc
 申込書 別紙(所要経費概算).xlsx
 申込書 記入上の留意事項.pdf
 申込書 別紙(所要経費概算)記入上の留意事項.pdf

5.申込期限  令和3年10月15日(金)

6.研究報告  年度末に、下記を提出していただきます。

  • 報告書(2年間の随時的な研究は研究年度終了時)
  • 会報掲載用の研究成果を要約した1,600字程度の原稿 (2年間の随時的な研究は1年目終了時に中間報告用原稿の提出あり)
  • 助成金の精算書

7.申込先 東京都図書館協会事務局 〒106-8575 港区南麻布5-7-13 都立中央図書館内 電話 03-3442-8451 内線2224 E-mail S0200333@section.metro.tokyo.jp

東京都図書館協会 図書館見学会

TLAでは、会員向け図書館見学会を行っています。


令和3年度分は、日程・内容が決まり次第、掲載いたします。(令和3年11月以降掲載予定です。)

令和2年度の図書館見学会は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため中止することといたしました。

令和元年度は下記のとおり実施いたしました。
1.日時:令和元年12月19日(木)午後2時30分から4時30分まで
2.見学先:立教大学 池袋図書館
3.対象者:東京都図書館協会普通会員(個人会員)及び特別会員(施設会員等)
 ※日本図書館協会の東京地区会員は、東京都図書館協会の会員です。
4.定員:20名 ※特別会員(施設会員等)の方は申込みを1名とさせていただきます。
5.申込:11月19日(火)午前10時から、申込フォームから先着順で受付

『東京都図書館協会報』

『東京都図書館協会 講演会 講演録』

TLAのこれまでの講演会の講演録を掲載しています。

令和元(2019)年8月 「本と書体のはなし」
 書体設計士 鳥海 修 氏
平成30(2018)年8月 「図書館でことばを探求する」
 辞書編纂者・日本語学者 飯間 浩明 氏
平成29(2017)年8月 「図書館とは何か〜校閲者から見えること〜」
 (株)鷗来堂 代表取締役社長 栁下 恭平 氏
平成28(2016)年8月 「図書館における国際力強化を考える」
 独立行政法人国際交流基金情報センターライブラリー 主任司書 栗田 淳子 氏
平成27(2015)年9月 「『伝わる』プランニング〜図書館をもっと使ってもらうために〜」
 コミュニケーション・ディレクター・株式会社ツナグ代表取締役 佐藤 尚之 氏
平成26(2014)年9月 「図書館とビッグデータ〜様々な事例から図書館におけるビッグデータ活用を考える」
 株式会社日本能率協会総合研究所 菊池 健司 氏
平成25(2013)年7月 「図書館における魅力的な空間のつくり方」
 建築家・株式会社岡田新一設計事務所 柳瀬 寛夫 氏
平成24(2012)年7月

「大災害における危機管理」
 情報セキュリティ大学院大学教授・横浜市CIO補佐監 内田 勝也 氏

平成23(2011)年7月 「『東日本大震災に図書館はどう向き合うか』〜saveMLAKの活動に基づく提案〜」
 アカデミック・リソース・ガイド(株)代表取締役/プロデューサー 岡本 真 氏
平成22(2010)年6月 「電子貸本"Renta!"は電子書籍の未来を変えるか?」
 株式会社パピレス 取締役副社長 松井 康子 氏
平成21(2009)年7月 「『R25』がヒットし続けるワケ」
 リクルートR25 事業ゼネラルマネージャー 藤井 大輔 氏
平成20(2008)年6月 「世界大百科事典を改訂するまで」
 (株)平凡社 取締役・(株)平凡社事典制作センター社長 斎藤 文雄 氏
平成19(2007)年7月 「本の未来はどうなるか-デジタル化する書物-」
 ジャーナリスト 歌田 明弘 氏
平成18(2006)年7月 「機関リポジトリの取り組み-大学からの学術情報発信支援-」
 国立情報学研究所 開発・事業部コンテンツ課長 尾城 孝一 氏

『TLA(東京都図書館協会)の55年』

      • 編集:今 まど子(TLA 前・副会長)
      • 発行:東京都図書館協会
はじめに
目次
パート1 小史 1
1.第1期 TLAの創設から1961年まで 1
2.第2期 TLAの再起から1972年まで 7
3.第3期 ネットワーク研究会の時期 11
4.第4期・1982年から現状・課題 12
5.おわりに 13
14
参考文献 15
パート2 データ集 16
東京都図書館協会報(TLAニュース)の出版状況一覧 62
63
図書館と日本人 山本 七平 64
LC-米国議会図書館-の過去・現在・未来 アンドルー・黒田 74

『東京都図書館協会報』のバックナンバーを探しています

東京都図書館協会は2004年に設立55年を迎えました。

協会報のバックナンバーに欠号があるため、お心当たりの方がいらっしゃらないか、広く皆様に呼びかけをしております。

以下の号を探しておりますので、もしお持ちの方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、事務局まで御一報くださいますようお願い申し上げます。

      • 25号(1959年)

※創刊号(1949年)、9号(1954年)、14号(1956年)は見つかりました。
ありがとうございました。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。