ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

交流ルーム

2020年2月20日 

【交流ルーム貸切利用の中止について】

都立中央図書館では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月31日まで「交流ルーム」の貸切利用および貸切予約の受付を中止させていただきます。誠に申し訳ございませんが、ご理解いただけますようお願いいたします。

交流ルーム

図書館の資料を利用し、グループで自由に議論しながら調査研究を行ったり、異業種交流等の場として利用できる閲覧室です。机の配置なども自由に変更でき、学校活動におけるアクティブラーニングなどにも活用できます。貸切での利用をご希望の場合は予約が必要です。

交流ルーム活用例交流ルーム

定員 36名
設備 FREE Wi-Fi&TOKYO、室内電源
常設備品 可動式机14台、丸テーブル2台、椅子36脚、机付き椅子30脚、可動式パーテーション2台、ホワイトボード2台、スクリーン1台、交流ボード(掲示板)
貸出備品 プロジェクター1台

利用時間

平日 午前10時から午後9時まで
土・日・祝・休日 午前10時から午後5時30分まで

利用方法

  • 利用することができるのは、都立中央図書館の資料を利用して調査研究等を行う2名以上のグループです。
  • 上記に該当するグループであれば、ご自由に入室し、利用することができます。
  • 交流ルームを15人以上で貸切で利用することができます。その場合は、事前に予約申込をお願いします。

貸切利用申込方法

    • 電話または来館で予約をし、利用開始時刻までに「交流ルーム貸切利用許可申請書」を図書館1階の総合案内・相談カウンターに提出してください。
    • お申込みは、利用希望日の1か月前から利用日前日まで受け付けます。
    • 予約は、1日につき1回かつ最大4時間を限度に受け付けます。
    • 貸切利用人数は、原則として、15人以上です。
    • 利用後は、使用した机・椅子等を元にお戻しください。
    • 貸出備品をご利用の場合は、担当窓口までご返却ください。
    • 予約を取り消す場合は、速やかに図書館へご連絡ください。連絡なく利用開始時間から15分過ぎても総合案内・相談カウンターで手続きが行われなかった場合は、交流ルームの貸切利用はキャンセルといたします。

 交流ルーム貸切利用許可申請書

注意事項

    • 図書館の所蔵資料を用いない自習はご遠慮ください。
    • 室内での飲食・喫煙はできません。ただし、ふた付きのペットボトルや水筒での水分補給はできます。
    • 大声を出すなど、他の利用者の迷惑にならないようにご利用ください。
    • 携帯電話をご利用の際は、他の利用者の迷惑にならないようにご配慮ください。
    • 料金を徴収するなど営利を目的とした利用はできません。営利目的の利用であることが判明した場合は、速やかに利用を中止していただきます。
    • 図書館の資料を用いた調査研究等以外の利用や迷惑行為があった場合は、利用を中止していただくことがあります。
    • 貸切利用の申込内容と利用当日の使用目的、使用人員等に相違があった場合やキャンセルが続いた場合は、次回以降の利用をお断りすることがあります。

その他

    • 当館主催事業等のため使用することがあります。
    • 貸切利用中においても、巡回や資料出納のため、図書館職員が入退室することがあります。

申込・問合せ

都立中央図書館 総合案内・相談カウンター
03-3442-8451(内線1601)

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。